WWW を検索
  サイト内を検索
日本赤十字社
松江赤十字病院
〒690-8506
島根県松江市母衣町200
TEL.0852-24-2111
FAX.0852-31-9783
qrcode.png
http://www.matsue.jrc.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

看護活動

   
 
  • クリニカルパス作成 (ブログ検索 クリニカルパス
  • がん診療(ブログ検索 がん化学療法
  • 安全推進(ブログ検索 安全推進 転倒 転落
  • 栄養サポート・チーム(NST) (ブログ検索 NST
  • 褥瘡対策チーム (ブログ検索 褥瘡
  • 感染対策チーム(ICT) (ブログ検索 感染
  • 呼吸サポート・チーム(ブログ検索 呼吸
  • 認知症チーム(ブログ検索 認知症
  • 緩和ケアチーム (ブログ検索 緩和ケア
  • 療養支援 (ブログ検索 療養支援
  • 救急蘇生教育(ブログ検索 救急蘇生
   
 
 

 看護部では「看護の質評価」に取り組んでいます。その意義は、看護実践とその成果を可視化し、看護の質向上のための改善活動を継続することにあります。 継続的に改善を図るためには、達成度を客観的に判断出来る「目標値」の設定が欠かせません。 目標が達成できなかった、あるいは達成できた場合にも、その理由を突き止められるように、その目標に関連する因子とその具体的な項目を明らかにして測定することも必要です。
   平成25年度から「松江赤十字病院 看護の質評価指標表」を作成し、データ収集を開始しました。 現在は、部署レベルで「目標値設定・具体的な計画立案・評価の数値化」ができることを目指して「看護の質評価委員会」が活動しています。 また日本看護協会による「労働と看護の質向上のための事業(DiNQL)」に平成26年度から参加し、他部署だけでなく全国データとも比較することで、強み弱みに注目し計画立案に役立てています。 「成果」「過程」「構造」という枠組みで自分たちの活動を捉え、常に客観的な評価の眼を持って進んでいく組織になることを目指してがんばっています。

   

 

 看護の質向上の取り組みの一つとして、病院で取り組んでいるTQM活動に看護部も参加しています。
(ブログ検索 TQM

 

【看護部門発表テーマ】
(1)第14回TQM発表大会 平成29年1月27日(於 本館6階講堂)
         ☆発表8部署中7部署が看護部からでした。
  1. E-R’S(ERセンター):よりスムーズな転棟を目指してチェックリストを活用しよう
  2. パワフルレディース2016(8階西病棟):生活のしやすさに関する質問票を使おう
  3. パーフェクトsugarマン:(11階病棟):糖尿病教育への負担や不安を減らそう!
  4. うろうろガール+1匹(12階病棟):配薬ミスをゼロにする
  5. きれいきれい(9階東病棟):感染予防行動の説明の統一と業務負担の軽減
  6. ストーマケア極め隊(8階東病棟):ストーマケアレベルアップを目指して
  7. 小中隊(5階西病棟):環境整備
   
 

 松江赤十字病院看護部では専門職業人として看護研究に関する能力開発を目的に看護研究に取り組んでいます。

   
松江赤十字病院 平成28年度看護研究発表会
平成29年2月、日本赤十字広島看護大学の川西美佐教授を講師に迎え、看護研究発表会を開催しました。今年度も昨年度と同様の4部構成で、看護研究発表5題、研究の実践への活用報告2題、修士論文報告1題、講評と看護研究のプロセスに関する講演という流れで進めました。研究デザインとしては量的研究3題と質的研究2題でした。量的研究は2題とも尺度を用いましたが全国調査を行ったものもあり、またテキストマイニングという近年盛んになっているデータマイニングの分析方法を取り入れたものなど、例年より種類が広がりより興味深いものとなりました。研究の実践への活用では、昨年度の研究成果を実際に臨床で生かした報告です。修士論文は沢山のデータを論理的にまとめてあり修士論文の質の高さを実感してもらうきっかけとなりました。今後も大学院進学を目指す看護師が後に続くことを願っています。
 発表会後のアンケートでは、研究が看護の質向上の役立つことを実感したという声も多く研究の有意義性、必要性を感じてもらうことができました。一方でテーマ選択がわからない、難しそうという声もあり、研究を身近に感じ、面白く思ってもらえるような支援が課題だと改めて感じました。ここ数年、院内発表の研究はほとんど学会発表に至っています。論文投稿も増えており、当院の研究の質は確実に向上しています。これからも看護の質向上に役立つような質の高い看護研究を目指し活動していきたいと思います。
(ブログ検索 看護研究)
   
平成28年度 学会発表実績(平成27年度院内看護研究発表会分)

 ● 9階西病棟:下肢切断術後患者の反応に対する看護師の認識と関わり 

         第10回島根看護学術集会,出雲市,平成28年7月

 ● 5階東脳神経センター:急性期血管障害のある患者に対する看護師の抑制解除の判断
         第10回島根看護学術集会,出雲市,平成28年7月
 ● ICUCCU:経皮的冠動脈形成術を受けた壮年期患者の半年後の健康管理に対する思いと行動
         第47回日本看護学会 慢性期看護,米子市,平成289(平成26年度院内発表)
 ●  12階西病棟:放射線粘膜炎による咽頭痛に対して麻薬を使用した頭頚部癌患者の思い、
         第52回日本赤十字社医学会総会,宇都宮市,平成2810
         第47回日本看護学会 ヘルスプロモーション看護,津市,平成2811
 
<<松江赤十字病院>> 〒690-8506 島根県松江市母衣町200 TEL:0852-24-2111 FAX:0852-31-9783